未分類

寒いと耳が痛くなるのはなぜ?運動・スポーツ中にできる対策まとめ

ランニング-耳が痛い

ランニングなどの屋外でのスポーツは気温が低くて寒いととてもつらいですよね。

気温が0度に近くなると寒いだけではなく耳まで痛くなってしまった経験はありませんか?

 

寒いときに耳が痛くなることは寒冷頭痛という現象です。

寒いときに耳が痛くなる『寒冷頭痛』が起きる理由・原因

かき氷やアイスクリームを急いで食べると頭がキーンと痛くなった経験はありませんか?

寒いときに耳が痛くなる寒冷頭痛頭がキーンとなる現象が耳の中で起きています

 

耳は細い毛細血管が多く、血流がそれほど豊富ではありません。そのため、寒くなっても血流量を増やして暖かくすることができないため痛みを感じてしまいます。

耳と同じく、指先も血管が細く、血流に乏しい部分です。

寒いときに指先がかじかんで痛くなる現象と同じことが耳にも起きていることになります。

寒冷頭痛は身体に悪いことなの?

寒冷現象は自律神経を活性化させて血管を広げようとする生理的な現象です。

そのため、寒冷頭痛そのものは身体にとって悪いことではありません。

 

しかし、痛みは寒さによって組織が破壊されることを知らせるために発信している合図です。

寒い状況が短時間であれば問題ありませんが、登山などの長時間におよぶ環境や氷点下の極端な極寒地域では凍傷につながるリスクもあります。

耳の防寒対策をしっかり考えて行動するようにしましょうね。

寒冷頭痛の対処法

耳が痛くなる寒冷頭痛に対処するには耳を暖めるしかありません。

応急処置としては手で耳を覆って暖める方法が簡単にできる対策です。

 

もちろん、手で耳を覆ったままスポーツをすることはできないため、耳あてやニット帽で耳が寒くならないようにあらかじめ防寒対策をしておくことが有効です。

 

▼通勤・通学でも使えるシンプルなタイプ。

【男女兼用】冬用防寒 耳あて イヤーマフ 耳カバー 耳あて 調節可能イヤマフ ムレ防止空気穴付 軽量タイプ 

 

▼激しい運動でもズレないスポーツタイプ。7色あるので女性にもおすすめ。

【男女兼用】BEACE 防寒 防風 イヤーウォーマー ヘッドバンド 耳あて 耳当て 耳マフラー 自転車 ランニング 装備 日常用品

 

▼あたま全体を覆ってくれるのでかなり暖かい。寒冷地のランニングでは必需品のアイテム。

ロシア風帽子 飛行帽 耳あて付き帽子 防寒帽子 スノボ 帽子 耳付きキャップ 帽子 ファッション男女兼用