モチベーション・考え方

【マラソン・持久走】走っているときに考えること。楽に走れるポジティブ思考法

ランニングマシン-メリット

あなたは走っている途中に何を考えますか?

  • 走り終わった後に何を食べようか?
  • あと1㎞でゴール!あと少し頑張ろう!
  • めっちゃ苦しい!ペースを落とそうかな…
  • あの沿道にいる人、なんか見たことあるな…

走っている途中に考えることは人によって本当にさまざまです。

どうせなら、苦しさを感じずに楽に走ることができる考え方がいいですよね。

 

この記事では走っている途中の考えごとについて解説していきます。

【おすすめ】走っている途中に考えること

ランニング

走っている途中に考えることのおすすめは

  • 走ることにまったく関係のないこと
  • 「あと少しでゴール!」系のポジティブなこと

この2つがおすすめです。

マラソンや持久走の前半走ることにまったく関係のないことがおすすめ。

後半のレースの終盤に差し掛かったらあと少しでゴール系のポジティブなことを考えるようにしましょう。

【前半の考えごと】走ることにまったく関係のないこと

レース前半は「考えごとをしていたら、いつの間にかこんなに走っていた」という状況を目指します。

苦しい時間は長く感じてしまうもの。まったく違うことを考えて苦しさを感じないように走るのがコツです。

 

  • 走り終わったら何食べようかな
  • 明日の観光プラン考えとこっと。
  • おっ!沿道のあの人、自分の好みだな。
  • 景色めっちゃきれい!
  • どっかに有名人いないかな…
  • 来週の休みはどこへ行こうか…

マラソンや持久走が終わったあとにやることは定番ですね。とくに食べ物系はポジティブな気分になります。

沿道で応援している人や景色を見るのもおすすめ。よく通る道でも新しい発見があるかもしれません。

また、音楽プレイヤーで音楽を聴いていなくても、鼻歌や想像でお気に入りの一曲を再生するのもおすすめ。もちろん、テンションが上がるノリの良いポップな曲がいいですね。

【レース終盤の考えごと】あと少しでゴール系のポジティブなこと

レースの後半を過ぎて終盤に差し掛かってくると身体の疲労もピークに達してきます。

終盤では走ることについてポジティブな考えをもつようにすると疲労感なく、最後まで走り切ることができます。

 

  • あと少しでゴール!がんばれ!
  • このままのペースでいけば目標達成できるぞ。
  • 前に走っているあの人だけは抜いてゴールしよう
  • ここを頑張れば楽しい観光や食事が待っているぞ!

レースの終盤に差し掛かったら「ここだけ頑張れば、あとは楽しい・嬉しいことが待っている」という思考がおすすめです。

【NG!】走っている途中に考えてはいけないこと

マラソン

走っている途中に考えてはいけないことは1つだけ。

残っている距離についてです。

 

  • まだ半分も走ってないのか…
  • まだ10㎞も走らないといけない
  • (折返しコースで)またこの距離を戻らないといけないのか。
  • この坂道を上るの!?

残りの距離を考えた瞬間に足が重くなり、一気にネガティブな感情が生まれます。

残りの距離を考えてもいい場面はコースの90%以上を走った終盤の段階。

10㎞ロードレースなら残り1㎞地点、フルマラソンなら残り4~5㎞地点です。

【まとめ】レース中は常にポジティブシンキング

マラソンや持久走のレース中はネガティブなこと考えても1つも良いことはありません。

どうせ走らないといけないなら、楽しく走りたいですよね。

 

レース全般で自分の気持ちを切らさない自信や経験があるのなら、レースの戦略を中心にポジティブな考えをもって走りましょう。

 

走ることに慣れていない初心者は走ることに関係のないことを中心に考えて、「もう終わったのか!」ぐらいの感覚で走ることができればベストです。