ランニング用品

マラソンで靴下をはかないメリット!ソックスなしで完走は可能?

マラソン-靴下

最近はマラソン人気の高まりから数多くのランニンググッズが販売されています。

 

その中でもソックス(靴下)は足を守るために重要な役割があることから、ランニングに特化した機能性ソックスも多く登場しています。

▲レーシングラン専用ソックス「tabio」は一足1,980円というハイエンドソックスながら多くのランナーに人気。

 

その一方、ソックスをはかずに裸足のままシューズを履くという一風変わったランナーも存在します。

裸足+シューズでフルマラソンを完走してしまうんだから、すごいの一言ですよね。

 

一般的には、ソックスをはく派が圧倒的に多いと思われがちですが、ソックスをはかない人はそれなりの理由があり、意外にも快適に走れてしまったというランナーもいます。

ウィンドスプリントとは?効果的なやり方をわかりやすく解説マラソンを完走できない原因のひとつにトレーニングが単調になりすぎているという原因があります。 30分ジョグを同じペースで毎...

ランニングで靴下(ソックス)をはかないメリット

ソックスをはかない一番のメリットは足が蒸れないことです。

ソックスを履くと通気性が悪くなるので、蒸れによる気持ち悪さはもちろん、皮膚が蒸れることでマメができることもあります。

 

とくに雨の日はソックスが濡れてしまうと、気持ち悪さは格段に上がりますよね。

普段はソックスをはいているけど、雨の日のランニングは裸足+シューズで走るランナーもいます。

こちらの記事もよく読まれています▶市民ランナーの平均的な練習時間・どの時間帯に走っているの?

ランニングでソックスをはかないデメリット

ソックスは足とシューズ間の摩擦を軽減してくれる効果があります。

シューズの硬い部分と足が擦れてしまうと皮膚のトラブルが起きやすくなります。

 

ランニング専用のソックスは必ず滑り止め機能がついています。

 

熟練ランナーは足の皮膚が摩擦に強くなっているので、慣れてしまえばソックスなしでも皮膚のトラブルは起きないかもしれません。

しかし、走ることに慣れていない初心者は、必ずソックスをはいてから走りましょう。

足やシューズが臭くなる

ランニングをしていると足からも汗をかきます。

ソックスは汗を吸収し、水分を乾きやすくする効果があります。

 

ソックスを履かないと、いつまでも水分が乾かないので菌が繁殖して強烈なニオイを発する原因となります。

フルマラソンをソックスなしで完走は可能?

フルマラソンの経験が5回以上あり、サブ3.5ほどの実力者であれば、足裏の皮膚が肥厚してくるのでソックスなしでも完走できる可能性が高いでしょう。

 

マラソン初心者がいきなりソックスなしでフルマラソンに挑戦することはやめておきましょう。

靴下をはかないよりも、靴下をはく方が得られるメリットが大きいです。

ある程度の走力がついたら、練習でシューズのみで走ってみてどちらが走りやすいのか試してみましょう。

足が蒸れにくいソックスは「tabio」がおすすめ

ソックスをはきたいけど、足の蒸れが気になるランナーはtabioがおすすめ。

薄手のナイロン生地なので通気性は抜群。指と足首にはメッシュ素材が使われており、5本指なので指の間が蒸れることもありません。

[Tabio]タビオ レーシングランプロ五本指ソックス 【12色】日本製 スポーツソックス  男女兼用

 

一般的なソックスと比べて値段は張りますが、走り心地は格段に飛躍します。

 

  • 足にマメができる
  • 足の蒸れが気になる
  • シューズ内で足が滑ってしまう

このようなランナーは大会のときだけでもtabioを試してみてくださいね!

関連記事▶市民ランナーのおすすめ練習場所。どこでジョギングすると長続きする?